お問い合わせ

トラストコンシェルジュは不動産屋さんの不便を便利にするために作成された、ホームページを提供しています。インターネット不動産でお困りのことがございましたら、トラストコンシェルジュにお任せください!

2017年7月24日 ブログ, 保険

商業不動産保険大手の米FMグローバルは22日、シンガポール西部のシンガポール・サイエンス・パークで、ロスプリベンション(事故の事前予防)の研修施設の起工式を開催した。2019年初めの稼働を見込む。

NNA 8月23日(火)8時30分配信


施設は6階建てで、延べ床面積は12万5,000平方フィート(約1万1,613平方メートル)。総工費は8,000万Sドル(約60億円)に上る。同社にとって、アジア初の体験型研修施設になるという。
同施設では、自然災害や火災、電気災害など不動産に関するリスクがシミュレーションで体験可能。同社の顧客のほか、建築家や施工業者、学生、政府関係者などは無料で利用できるという。
FMグローバルのアジア太平洋事業の上級バイスプレジデント、ステファノ・トランクイロ氏は「アジアは台風や洪水、地震など自然災害の多い地域だ」と述べ、ロスプリベンションを通じたリスク管理の重要性を強調した。