お問い合わせ

トラストコンシェルジュは不動産屋さんの不便を便利にするために作成された、ホームページを提供しています。インターネット不動産でお困りのことがございましたら、トラストコンシェルジュにお任せください!

連帯保証人である以上、関係があります。 連帯保証人は非常に責任が重く、離婚しているからといって返済義務も免れることはできません。債務者(住宅ローンの名義人)が返済不能になると、連帯保証人に支払いの請求…

記事を表示

ご相談内容 ご相談内容お父様はいわゆる地主さん。自宅、アパート、駐車場、底地など数多くの不動産を所有しています。 相続税額を計算したところなんと税額が3億円。 できるだけ借入をすることなく、相続税を節…

記事を表示

ご相談内容 不動産の相続対策を進めている最中だけれども、お父様が92歳を迎え、最近意思判断能力に不安を感じるようになってきたとのことでした。 このままお父様が認知症になってしまった場合、不動産の相続対…

記事を表示

ご相談内容 町医者をしていたお母様から相続で引き継いだ診療所兼住宅の空家。 空いているままだと固定資産税もかかるし、思い入れのある建物でもあるため売りたくないので、診療所兼住宅で賃貸募集をしていたそう…

記事を表示

ご相談内容 あるハウスメーカーから100坪の駐車場に相続対策で借入金をしてアパートを建築してはどうかと提案があったそうです。 しかし、地元の仲間から話を聞けば、最近は賃貸物件が余っていて、入居させるの…

記事を表示

ご相談内容 現在のお母様の住まいは土地約150坪の上に建っている築50年以上の古家兼店舗。 店舗では以前はお母様が自営業を行っていましたが、現在はお店を閉め、物置として使用中。 建物が古く、耐震性に不…

記事を表示

60代の女性・Aさんは築35年の建物と土地に居住しており、所有者はAさんのご主人になっていますが、ご主人は1年半前に他界。 お子様は2人で、すでに 独立しておられます。Aさんは今回、この土地・建物の売…

記事を表示

Aさんは6人兄弟(BCDEFG)。ご兄弟のFさんの息子さん(FS)が輸入雑貨店の経営に失敗し、 4,000万円の借金が残りました。FSさんの祖父が 保証人1、Fさんが保証人2でしたが、祖父はすでに他界…

記事を表示

両親の思い出の家を売る気になれず、借家にしたが最終的には売却へ 写真「実家の畳の部屋」 香川県に住むNさんは、別居していた一人暮らしの母親を2年半前に亡くしました。実家は西沢さんの自宅から車で40分の…

記事を表示

相続した田舎の土地を売るのではなく、都内の実家を売るという選択 2軒の家の写真 Vさん(67歳)は、山口県出身。上京したのは大学の時で、それ以来都内で暮らしてきました。山口県の実家へは子どもが小さい頃…

記事を表示